育児グッズ

【A型ベビーカー】ピジョンのランフィをオススメする理由

離乳食を始めるときに最低限必要なもの

赤ちゃんの出産前に購入を検討するベビーカー。色んなメーカーや形があって悩みますよね。

かもめ
かもめ
私もベビーカーを購入するとき、とても悩みました。

A型?B型?なにそれ…から始まり色々悩んだ末、Pigeon(ピジョン)の Runfee(ランフィ)を購入して使用していますが、とても気に入っています!

使用感やオススメポイントを紹介していきますね。

【ピジョン】ランフィ RA9 A型ベビーカー

 

A型ベビーカーとB型ベビーカーの違い

ベビーカーのA型とB型の違いは、日本の『SG基準(安全基準)』で定められている規格です。

といっても何だそれって感じなのですが、ひとことで言うと…

A型は生後1ヶ月から使用可能!

B型ベビーカーは軽くていいなと思いましたが、B型は首や腰が座る7ヶ月頃からしか使えません。

かもめ
かもめ
生後7ヶ月までベビーカーなしはキツイ!

そして最初は対面にして赤ちゃんの顔が見えるようにしてベビーカーを押したい!という理由もあり、A型ベビーカーに決めました。

A型ベビーカーのメリットとデメリット

メリット

  • 対面にできるので赤ちゃんの様子が見える
  • 安定性がある(作りがしっかりしている)
  • リクライニングで水平にできるので首すわり前の赤ちゃんでもOK

デメリット

  • B型と比べると値段が高い
  • B型と比べると重くてかさばる
  • 生後7ヶ月まで使えない

7ヶ月までベビーカーを使わないのであればB型でいいと思います!

かもめ
かもめ
重いし値段も高くなるけど、生後7ヶ月までにベビーカーに乗せたいならA型一択!

最初に検討していたのはコンビのスゴカル

ベビーカーの中でも人気のコンビ。

名前の通り軽くて、見た目がオシャレでかわいくて第一候補でした!

そこからピジョンのランフィに変更した理由は、実際にベビーカーを押してみて気持ちが変わりました。

ベビザらスなどの大型店舗には、ベビーカーを押して段差など試せるコーナーがあります。

そこで実際に押してみると取り回しが明らかにピジョンの方が良かったんです!

ランフィのシングルタイヤがスゴイ!

押してみて違う理由は、ピジョンのシングルタイヤ。これのおかげで、

  • 曲がり角が曲がりやすい!
  • 少しの段差ならそのまま通れる!

コンビのスゴカルと比べると、持ち運び用の取っ手がない・少し重くなる…というのが気になりましたが、持ち運ぶ時間よりも押してる時間の方が長いので、快適にベビーカーを押すことができること、これが決め手となりました。

重さを比較すると、ピジョンのランフィは5.4kg、コンビのスゴカルは5.1kg。

300gしか変わらず、持ち比べてみても差は感じませんでした!

実際に使用してみて

さすが!シングルタイヤ

赤ちゃんと荷物を乗せると結構重くなりますが、少しの段差なら問題なくそのまま進めます。

色んなベビーカーを試乗で押していたこともあり、ピジョンのランフィにして良かったなぁと思いました。

持ち運びするときの重さについて

とくに気になりません。というよりも基本押しているので、持ち運ぶこと自体が少ないです。

ベビーカー単品もしくは赤ちゃんを乗せたまま少し持ち上げたこともありますが、持てる重さなので気にならず、もっと軽いベビーカーにしたらよかった等も思いませんでした。

対面にできるのが便利!

対面って新生児のときしか使わないのかな?と思っていましたが、そんな事はありません。

愚図りだしたときに対面にすると、親の顔が見えたり気分転換にもなるので、新生児期が終わっても対面を使用することがあります。

まとめ

もうすぐ1才。まだまだ使用します!

生後7ヶ月を超えたらB型ベビーカーに乗り換えたくなるのかな?と思っていましたが、現時点ではとても使いやすくて重さも気にならず買い換える予定はありません。

1才を超えても使用していきます!